評判の良い不用品回収業者を選ぶポイント

不用品業者を選ぶときのポイント - 不用品回収と遺品整理

不用品回収と遺品整理

近年、婚活や妊活等といった言葉に加え、終活といった言葉が使われるようになりました。
テレビ番組などで特集することも多いため、多くの人が聞いたことのある言葉であると思われますが、現代においては死を身近なものと考えどのような最期を迎えたいか自分で選択する方法が注目されています。
家族に迷惑をかけることのないよう予め自分である程度の準備をしておきたいという考えからエンディングノートというものも数多く販売されています。
核家族化の影響も伴い、嫁ぎ先の先祖代々の墓に葬られることに戸惑いを感じる人もいるかもしれません。
お墓がないという人も、都会での墓地の購入は高額すぎて手がでないという人もいるでしょう。
そこで現在注目を集めているのが共同墓地や、自然葬などです。
共同墓地とは広い納骨スペースなどに共同で骨壺を納めるタイプの墓地のことをいいます。
墓石を購入する必要もなく、お墓参り、手入れ等を遠くに住んでいる家族が行わなくともお寺が永久に供養し続けるということから死後の心配を軽減できます。
経済的に余裕があるないにかかわらず、生きてる間にお金をかけたいという志向の人も多く、この15年ほどで広まりつつあるスタイルといえるでしょう。
一方、自然葬はまた自然に還るという考えから海や山に思い入れの強い人に選ばれています。
ただ散骨するだけでなく、親族での会食が組み込まれているプランなどを提案している業者もあるようです。
また、このように葬儀に関して予め決めるだけでなく遺品管理に関して意識する人も増えています。
予め処理の方法をエンディングノートに書き記すこともできるのですが、一人の人間がこの世に残す遺品はとてもすぐに片づけることができるものではありません。キャプチャ37
現在では不用品回収をする業者が代行で、この遺品整理を行ってくれるケースもあるのです。
遺品管理士という遺品の取り扱いに関し法規制などを正しく身に着けた有資格者のいる業者であれば、より安心して遺品整理を任せることができるでしょう。

不用品回収の無料業者にご用心

無料での不用品回収、という言葉で皆さんは何を想像しますか。
電子レンジ、冷蔵庫、テレビ、洗濯機や乾燥機などの、家電を引き取ってくれる業者を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
近年、無料での不用品回収を唱う業者が増加しています。
トラックで巡回していたり、空き地に大量の家電が集められているのを一度は見た事があるでしょう。
本来お金を払って処分しなければいけないものをタダで引き取ってくれる業者は、我々消費者にとってとても有り難いもののように感じます。
しかし、処分に費用がかかるものを無料で引き取る、という一見ボランティアにしか見えない事を何故行うのでしょうか。

家電の処分にお金が必要なのは、環境に配慮した処分を行うのに費用がかかってしまうからです。
使える部分は再利用され、不要な部分は環境にダメージを与えないように丁寧に処分されます。
ですが、悪徳業者によって回収された家電の多くは海外へ渡ってしまうのです。
優良品はそのまま商品として販売され、壊れているものはお金になるパーツのみ抜き取られ処分される事になります。
そしてその処分方法の多くは野焼きか不法投棄となるのです。
結果としてフロンガスやヒ素、鉛などの有害物質がばらまかれる事になってしまうのです。
お金をかけずに処分できるから、と安易に不用品回収業者を利用する事は、環境汚染に繋がるのです。
トラックで巡回している業者や、チラシを配布し回収を呼びかける業者、空き地や駐車場などに持ち込ませる業者、これらのほとんどが市町村の許可を得ていない違法回収業者です。
多くの家電は、メーカーに返せば8~9割は再利用されると言われています。
確かにお金も手間もかかってしまいますが、違法な業者に預けてしまうのではなく、各市町村のルールに従って家電製品は処分しましょう。
家電の処分料金は言わばお葬式料金のようなものです。ゴミを出す方も不用品回収と言えば片付けマスターまで責任を持って処分してあげてください。

新着情報

◆2015/08/03
不用品回収と遺品整理の情報を更新しました。
◆2015/08/03
〇〇のついでに不用品回収の情報を更新しました。
◆2015/08/03
許可を得ているか、処分できるのかを確認の情報を更新しました。
◆2015/08/03
電話をかける前に忘れてはいけない事の情報を更新しました。
◆2015/08/03
不用品回収を頼む前に、あるサービスの有無を確認の情報を更新しました。